インフラ・設備点検ソリューション

エネルギー設備

SkyLink Japan では、送電網・風力発電施設・太陽光パネルの点検の場面でドローンを活用したソリューションを提案し、点検実施のコスト負担を軽減することで、発電コストを下げることに寄与します。また、点検作業に伴う非稼働時間を減らし、売電の機会損失の削減に寄与します。

お客様の事業での課題

課題.01 高い発電コスト

太陽光・風力発電は、主力電源化するには発電コストが高いという欠点があるため、点検コストだけでも削減したい。

課題.02 点検時の発電ロス

昇塔や宙乗り(送電網・風力発電)、足場の設置(太陽光パネル)による点検は、安全面コスト面での問題があり、さらに点検箇所で停電の必要があると、発電ロスが生じてしまう。

課題.03 点検結果のばらつき

従来の点検手法では、作業者の属人的な経験や勘への依存があり点検結果のばらつきがある。

課題.04 点検に時間がかかる

落雷、台風、豪雨、大地震などの後は、異常箇所や補修の必要性を確認する1次点検を迅速に行い、一刻も早く安全な稼働環境を回復する必要があるので、点検時間を短縮したい。

課題.05 環境への問題

火災の発生や、風力発電での「ナセル」「ブレード」の墜落のような大事故が起きると、設備や機器の損失、さらに生産時間のロスや環境への影響など莫大な損害が発生し、企業価値も毀損される。

ドローンだから、稼働を止めずにそのまま点検!

outage.svg

ドローンでの点検は、発電設備に直接触れずに点検ができるので、多くの場合、設備を稼働させたままでの点検が可能です。また、一時的な停止が必要な場合も、短時間で点検を終え、すぐに稼働復旧が可能で、お客様の発電ロスを最小限に押さえます。

現場を知っているから、最適な航行撮影プランを提案

flight_planning.svg

エネルギー設備の設置場所によって、安全で効率の良い航行ルートは異なります。SkyLink Japanのスタッフは沢山の現場経験を積んでいるので、解析に必要なデータを過不足なく撮影でき、かつ、安全で、短時間での業務ができるフライトプランを立案し、お客様のコスト削減にも寄与します。

赤外線カメラでホットスポットを検出

broken_wire.svg

赤外線カメラでホットスポットを検出し、初期段階で、眼に見えない損傷や不良箇所を視覚化します。その結果、適切な予防措置を講じることが可能になり、大きな損失を伴う稼働停止や火災発生を回避できます。

お客様の声を反映し、わかりやすいレポートを作成

ai.svg

定期点検は、今後事故が起きそうな箇所を早期発見し、被害を未然に防ぐことが目的です。現場の声を汲み上げ、不具合箇所を抽出したわかりやすいレポートを作成し、設備管理者のメンテナンスに役立てます。
また、解析結果はクラウドに保管され、点検事業者様・設備管理者様双方が、どこにいてもブラウザ上で確認共有いただけます。

application.svg

人手不足問題の解消

短時間で1次検査を実施でき、 補修必要箇所だけを重点的に対応することができる

save_money.svg

長期的コストダウン

人員削減・作業時間の短縮によるコストダウンの実現に留まらず、作業省力化の恩恵から点検回数を増やすことができ、その結果充実した予防保全により中長期的な補修費用の削減が図れる

safety.svg

安全性の向上

危険な作業現場でのアクシデントのリスクを減らせる 

precautionary_measures.svg

予防保全

超高画素可視光カメラ・赤外線カメラのドローン搭載により、見落としやすい僅かな損傷や、目に見えない異常加熱などの不要箇所についても早期発見が可能 

share.svg

データ共有

解析したデータはクラウドで管理され、点検事業者・施設管理者双方が閲覧確認可能。過去のデータとの比較もできる